●表紙 ●アニメ版「ガラスの仮面」れびゅう ●ドラマSpecial完結編 ●姓名判断 ●劇中劇 ●掲示板[an error occurred while processing this directive] ●チャット(02/03 06:51) ●古今東西 (01/22 18:43) ●古今東西B.N. ●キャラクター投票 ●劇中劇投票 ●リンク ●紫のバラ登場シーン ●紫のバラの歌 ●あの人は今 ●おまけ ●トムさんのきもち (08/06 10:00 )

たけくらべ

1998. 8. 5作成

収録:文庫本2巻 P.249〜300(劇団オンディーヌ)
   文庫本3巻 P.5〜31(劇団つきかげ)
出演:
 美登利…姫川亜弓、信如…桜小路優(劇団オンディーヌ)
 美登利…北島マヤ、信如…森川アキラ(劇団つきかげ)
於:アート劇場

[背景]

 全日本演劇コンクールでの入賞を目指す劇団つきかげ。大都芸能の演出家・小野寺一の陰謀により、ライバル劇団オンディーヌと同じ演目を演じることとなる。
 原作の中から抜け出してきたような美登利を、見事に演じきった姫川亜弓。一方、マヤは自分にしかできないものをということで、おてんばな美登利を演じる。観客はとまどいながらも、マヤの演じる美登利に魅了されていく。
 公演前になぜか楽屋に紫のバラが置かれていた。メッセージは「あなたをみています あなたのファンより」。そして劇団つきかげと劇団オンディーヌが共に一位となり、全国大会への出場権を得る。公演後にも紫のバラが「おめでとう! 次は全国大会ですね がんばってください あなたのファンより」のメッセージと共に届く。

[物語]

 原作・樋口一葉。
 時は明治の始め、吉原。花魁の妹、美人で勝ち気でおきゃんな美登利。竜華寺の若旦那・信如(しんにょ)。
 どしゃぶりの日、家の前で鼻緒を切った人に友禅縮緬の切れ端を渡そうと美登利が出ようとしたが、相手は信如だった。美登利の遊び仲間、表町組と対立する横町組の肩を持つ信如を怒ることもののしることも出来ずに、ただ見つめるだけの美登利。信如も、こよりおる手がふるえるばかり。思い切って美登利は、信如の足下に美登利は切れ端を投げるが信如は知らぬ振り。勝ち気な美登利も、この時ばかりは目をにじませた。本当は心惹かれていた物を…。
 ある霜の朝、美登利の家に格子門に水仙の作り花が差し入れられていた。それは、信如が僧侶となるために遠くの学校へ去った朝のことだった…。


●表紙 ●アニメ版「ガラスの仮面」れびゅう ●ドラマSpecial完結編 ●姓名判断 ●劇中劇 ●掲示板[an error occurred while processing this directive] ●チャット(02/03 06:51) ●古今東西 (01/22 18:43) ●古今東西B.N. ●キャラクター投票 ●劇中劇投票 ●リンク ●紫のバラ登場シーン ●紫のバラの歌 ●あの人は今 ●おまけ ●トムさんのきもち (08/06 10:00 )

本ページの無断転載を禁じます。
本ページへリンクされた場合は、事後でも結構ですのでメールにてお知らせ願います。

Copyright (C) 1998-2019 STUDIO ISOGINCHAKU All rights reserved.


[an error occurred while processing this directive] iMi
意外とかんたん、1週間でお手元へ! 米国製育毛剤
効かなきゃ返金!特許足の臭い取り「グランズレメディ」
唾液で排卵期がわかる「レディデイ」
12時間で英語耳「マジックリスニング」
体脂肪を燃焼させるダイエットサプリメント
たばこのように火をつけて煙を吸う「NosmoQ禁煙草」
提供:(株)プランセス 販売代理:STUDIO ISOGINCHAKU